麹で欲張りよだれ鶏

※この記事ではアフィリエイト広告・リンクを使用しています。

食べるときのルールがあります。

それは、「鶏肉、きゅうり、トマト、茄子、全てを一緒に口に入れて食べること!!!」

しっとりと蒸された鶏胸肉と、うまみたっぷりのピリ辛ダレに、野菜たち、も〜う最高に美味しいです。

子ども用の辛くないタレと、大人用のピリ辛のタレ、どちらもレシピ紹介してますので、ぜひご家族で楽しんでください♪

さらに、鶏胸肉の皮を外して作るのですが、剥がした鶏皮を使った、めちゃくちゃ美味しい炊き込みご飯のレシピもあるので、次回紹介します。
ぜひ、よだれ鶏とセットで作ってみてくださいな♪

麹で欲張りヨダレ鶏

 *材料*(写真一皿分)
・鶏胸肉  1枚(約300g)
・塩麹   大さじ1.5
・きゅうり、茄子、トマト

【ピリ辛ダレ】
・醤油麹     大さじ3
・りんご酢    大さじ1
・ごま油、蜂蜜  各小さじ1
・鶏肉から出た汁 大さじ1
・ラー油     小さじ1〜
(自家製の本格贅沢ラー油使用)

※子ども用の辛くないタレは、ラー油なしで、少し味が濃いので水を少し入れました。

STEP
鶏胸肉を塩麹に漬ける

鶏胸肉の皮を剥がして、塩麹を揉み込み1時間〜一晩冷蔵庫で漬けておく。

STEP
蒸す

⚪︎鶏胸肉は塩麹をしっかりとぬぐって、クッキングシートを器のようにしいた蒸篭で蒸す。
(沸騰した鍋の上に蒸篭を乗せて、1分程経ったら、弱中火にして12分蒸して、火を止めてさらに余熱で10分程度おくとしっとり蒸せる。
(蒸篭がない場合は、たっぷりの沸騰したお湯に入れて1分加熱したら、蓋をして火を止めて30分程度余熱で置いておくとしっとり茹でられる。ネギの青いところ、生姜、酒を入れると臭みも抑えられる。)

⚪︎茄子も一緒に蒸す。(またはレンチン)

STEP
タレを作り仕上げる

⚪︎タレの材料を混ぜる。
⚪︎茄子、きゅうり、トマトの上に、薄く切った鶏胸肉を乗せてタレをかける。

ラー油は、自家製の本格贅沢ラー油を使っています。
スタッフさんたちも大絶賛してくれた自信作のラー油。

「売って欲しいと懇願される」本格贅沢ラー油と名付けました。

まだレシピはどこにも公開していないので、
お好みのラー油や、食べるラー油などでもOKです。

情報公開できるときが来たらお知らせしますのでお付き合いくださると嬉しいです!

それから、剥がした鶏皮は炊き込みごはんに入れたのだけどね。

この炊き込みごはんがほんっっっっとうに美味しくできるの。

塩麹と醤油麹の炊き込みごはんの黄金比で、麹とお手軽食材の旨みだけで素晴らしい炊き込みごはんになるので、次回投稿します♪

醤油麹のレシピはこちらです

レシピ本「おきらく麹ごはん」発売中♪

著:のんすけ
¥1,760 (2024/02/25 11:30時点 | Amazon調べ)

インスタグラムでは夜ごはん作り動画更新しています♪

よかったらシェアしてね♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

作レポやコメントお願いします♪

コメントする

目次